不動産テックとは?!

近頃、「不動産テック」という言葉を聞くことが増えてきました。
ちょっと、整理しておきます。

不動産テックの意味合い

不動産テックは、「不動産とテクノロジー」と合成語です。

不動産業務に、テクノロジー(科学技術)を取り入れて、業務の効率化、付加価値をつけていく
と言った意味合いで使わることが多いです。

例えば、
不動産情報のWebメディア(アットホームやスーモ)
も、Webテクノロジーを使った不動産テックと言えます。
見込み客を発掘する為のツールとして活用することで、「効率的に集客するという価値」が発生しているわけです。

また、別の業種になりますが、金融業界でも、
フィンテック(Fintec)
という「ファイナンス(金融)」と「テクノロジー(科学技術)」を合わせたサービスが増えています。AIを使った投資サービスや、キャッシュレスサービスなどです。

不動産業界においても、新たなテクノロジーを使ったサービスが増えてくると予測されますので、自社の業務に向きそうなサービスがあれば、検討する価値があると言えます。
その際は、コストパフォーマンスを考慮しての判断にはなります。

不動産テックについては、概ね、下記ようなサービスがあります。

物件情報

・従来からの大手ポータルサイト(アットホーム、スーモなど)。
・収益物件に特化したサイト(楽待など)
・シェアハウス専門(ひつじ不動産など)
・空き家情報

営業支援

・問合せ対応(AIなど)。
・問合せがあったユーザーの追客を支援。
・顧客管理。
・内見予約支援。

管理業務支援

・賃貸物件管理。
・鍵の管理(スマートロック)

査定

・物件相場データ。
・査定サービス。

契約

・電子契約など。

IT重説

・オンライン会議サービスなど。

参考)

下記ページに、不動産テックのサービスマップというものが載っています。

不動産テック カオスマップ
一般社団法人不動産テック協会

以上、不動産テックについての情報でした。