成田空港周辺の「騒特法」について

成田空港周辺の「騒特法」について

2021年9月19日

成田空港の周辺エリアは、
「騒特法」
で指定されれいるエリアがあります。

これは騒音のレベルによって、その地域の指定がなされていいます。

また、そのエリアは、千葉県が、都市計画の中で定めています。
ですので、そのエリア内の物件に関しては、
 不動産の売買の際の重要事項説明書
の中でも、その旨記載する必要があります。

具体的に、その内容をみていきましょう。

「騒特法」とは、

「騒特法」の正式名称は、
「特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法」
と言います。

「騒特法」の目的は、千葉県のホームページをみると、下記記載があります。

都市化が進むと予想される空港周辺地域については、土地利用に関する規制・誘導により、騒音障害を未然に防止するとともに、あわせて、適正な土地利用を図る必要があります。
そこで都市化が進む前に、どれくらい騒音が発生するかを概ね10年後まで予測して、土地利用を計画的に進めることによって、航空機騒音の影響を未然に防ごうというものです。
また、騒音の影響を受けない施設を積極的に整備することによって、地域振興を図っていくことも、騒特法の目的のひとつです。

引用; 騒特法について(千葉県)
https://www.pref.chiba.lg.jp/kuushin/narita/soutokuhou.html

騒特法について

騒特法とは、騒音障害を未然に防止するとともに、適正な土地利用を図ることを目的とした法律です。
www.pref.chiba.lg.jp

具体的には、
新築住宅に関して防音の義務化された地域
と、
住宅の新築がNGの地域 
が指定されています。

騒特法にようる指定エリアの内容

1.航空機騒音障害防止地区(防止地区)
 (Lden62デシベル(WECPNL75)以上)
 建築主は、防音上有効な構造とすることが義務付けられている地域。 

2.航空機騒音障害防止特別地区(防止特別地区) 
 (Lden66デシベル(WECPNL80)以上)
 原則として建築が禁止されている地域。

ですので、不動産の売買の際に、対象エリアの物件に関しては、上記の説明を行う必要があります。
特に、防止特別地区については、新築の住居の建築が不可なので、要注意です。

対象エリア

騒特法による対象エリアは、下記になります。

引用:千葉県「航空機騒音対策基本方針」の概要(パンフレット)https://www.pref.chiba.lg.jp/kuushin/narita/documents/kihon_houshin_gaiyou.pdf


以上、成田空港周辺の「騒特法」についての説明でした。